本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク

サイト内検索 検索

H1

社会人基礎力養成研修

コンテンツ

社会人基礎力養成研修
    

なぜ今「社会人基礎力」なのか

「環境の変化」に対応できる基礎的な能力
年々人気商品の寿命は短くなり、常に新しい価値をスピーディーに生み続けることが多くの企業に求められています。それに加え、IT化の進展により、単純な作業は急速に機械化され、人材(特に若年層)に求められる仕事の質が高度化していると言われています。そんな企業・若者を取り巻く環境変化を踏まえると、「多様な人々とともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力を意識的に育成していく」ことが今まで以上に重要となっています。
つまり、基礎学力や専門知識をしっかり身につけた一人ひとりが自ら考え、アイデアを持ち寄って意見をぶつけ合うことにより、新しい価値を創出できる能力の育成が求められているのです。

若年層の負荷の内容(事業主による回答)
<※クリックで拡大>
基礎学力・専門知識を活かす力(社会人基礎力)
(出典)経済産業省HP
<※クリックで拡大>
この“多様な人々とともに仕事を行っていく上で必要な基礎的な能力”を重視し、育成していこうという動きは、日本だけの話ではなく多くの諸外国でも同様の取り組みが行われています。日本では平成18年2月、経済産業省が産学の有識者による委員会にて「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」として定義づけ、現在普及を図っています。
NOMAではこの「社会人基礎力」に着目し、新人・若手の人材育成の新しいスタンダードとして研修、ツールを新たに開発しましたので、それらの活用をご提案するしだいです。
社会人基礎力=3つの能力/12の能力要素

社会人基礎力が若者をビジネスで輝かせる!

階層別からテーマ別までトータルにカバーするNOMAの
新人・若手の人材育成をサポートする企業内研修サービス
昭和24年に設立され、昭和34年にはP.F.ドラッカー教授を初めて日本に招聘するなど、企業の経営目標を実現するための人材育成分野において実績を築いてきたNOMAだからこそわかる、これからの時代に活躍する人材の新しい育成手法で、企業の成長をサポートします。
社会人基礎力養成研修
新人の研修といえばマナー研修などを中心に、学生から社会人への意識転換を図ることが重要視されています。NOMAの研修では、それにプラスしNOMA-ST Ⅰを用い、考えと行動を社会人基礎力の12の能力要素で見つめ直し、ビジネスパーソンとしての日常行動へ反映させるところまで踏み込みます。
社会人基礎力養成研修モデルプログラム
  1日目 2日目
9:00





12:00
オリエンテーション
自己診断(NOMA-ST Ⅰ)結果の振り返り

1.考え抜く力
講義・ミニケーススタディ
セッション統括講義
グループディスカッション
前日の振り返り
自己の特性の検証を発表

4.前に踏み出す力
講義・グループ討議
ペアワーク
13:00




17:00
2.チームで働く力
講義・ペアワーク
グループディスカッション

3.自己アセスメント
自分の特性を検証
5.成果を確保するための
社会人基礎力
講義・個人ワーク
グループワーク

6.今後の行動計画策定
講義・チームアクティビティ
プログラムはご要望によるアレンジが可能です。
フォロー研修など、他の研修へも適用可能です。
社会人基礎力養成研修のキーポイント
新人・若手社員の育成過程において“共通”で“一環”した指標として「社会人基礎力の3つの能力・12の能力要素」を活用し、「自らが気づき、伸びる意欲を引き出す」研修プログラムです。
自己診断から明らかになった自己認識と他者からのフィードバックによって、「はたして自分の強みと考えていた点は本当に強みか?」「はたして自分の弱みと考えていた点は本当に弱みか?」をより深く考え、研修後に必要となる能力開発目標を明確にすることが可能になります。