HOME E-Mail ENGLISH LANGUAGE
国際モダンホスピタルショウ2009 「いのちの輝きを! 明日に架ける健康・医療・福祉」
HOME > 第2回 こんなものを作ってみました! 看護のアイデアde賞 応募作品紹介

第2回 こんなものを作ってみました! 看護のアイデアde賞 応募作品紹介

  
特別企画 第2回こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞
 「国際モダンホスピタルショウ2009」では、昨年に引き続き特別企画として『第2回 こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞』を実施しました。本企画は、患者さんのケアに携わる方たちの着眼によって生み出されたさまざまな改善工夫のかずかずを幅広く募集、この結果66点の応募があり、審査委員会において慎重に審査が行なわれました。
 審査にあたっては、あらかじめ応募者から提出していただいた「作品を開発・工夫したきっかけ・背景」「作品の特徴・改善工夫のポイント」「使用した時の利点・利便、有効性」「実際の現場での使用状況とその評価」「院内安全委員会で事前に検討されたか」等についてのレポートを中心に、さらに、ネーミングや、看護する側と看護される側の両方の視点から、その機能等をみた時の工夫の具合や、看護の質の向上への貢献度についても加味し、審査されました。
 これらの結果、「第2回 こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞」には、グランプリ1点、準グランプリ2点、佳作3点が選ばれました。

★★★グランプリ
点滴スタンド用安心スポンジ「安心だポン」 財団法人小倉地区医療協会 三萩野病院

★★準グランプリ

“医療看護支援ピクトグラム”を使ったベッドサイドのインフォメーションボ−ド旭川赤十字病院 看護副部長 前田章子
側臥位固定具「介護の手、楽し帯」 社団法人岩手県看護協会立 盛岡訪問看護ステーション 追久保寿華

★佳作

新生児用産着「エンジェルドレス」 北海道公立大学法人 札幌医科大学 附属病院看護部
一時的内頚下大静脈フィルター固定用具「ちょんまげ君」 静岡県立静岡がんセンター
シャワー浴用患肢固定具「安心サポート腱助くん」 特定医療法人 新生病院 看護部2階病棟課 菊池眞樹子

応募作品一覧はこちらから
第1回 こんなものを作ってみました! 看護のアイデアde賞 応募作品はこちらから
第3回 こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞 募集はこちらから

★★★グランプリ
点滴スタンド用安心スポンジ「安心だポン」


製品の特徴

 点滴スタンドが、各ベッド周囲のカーテン上部の消防法に規定され付いているメッシュ部分に引っかかり、患者が点滴スタンドを維持しながら必死に外そうとしている姿を見ることがあった。スポンジ製の本作品を取り付けることにより、縦にも横にもスタンドのフック先が突出しない。安全性・簡便性・低コスト・作成が容易の4点を抑えながら工夫した。「安心だポン」はカーテンのメッシュコマの大きさに配慮したことで、点滴スタンドの引っかかりがほとんど全て解決した。作成は簡単、着脱も簡便、輸液のセットにも支障をきたさない。スポンジ着用には、一旦スタンドを目の高さにまで低くし、患者の身長+20cmでマーキングセットしている。

評

現場では本当に悩んでいた問題を、このようなアイデアで、しかも安価に解決できたことは画期的であり朗報といえる。スポンジに埃がたまる、などの心配があるので、清潔保持に留意し使用されることを望む。メーカーには、看護職にこのような煩わしさを負荷させずにすむ形状などの改良を望む。




応募者  財団法人小倉地区医療協会 三萩野病院

★★準グランプリ
“医療看護支援ピクトグラム”を使ったベッドサイドのインフォメーションボ−ド



製品の特徴

 インフォメーションボードには4つの情報を表示できる。向って左側から医療看護支援ピクトグラムで患者・家族との生活情報を、次に転倒転落危険度の色別バーでリスクを共有し、さらに職員共有の注意文字と受け持ち看護師名を表示するようにボードは構成されており、マグネットで貼り付けることができる。医療支援ピクトグラムは6分野23個あり、患者と職員の情報共有・コミュニケーションツールとして活用している。

評

ケアする者にとって、患者の状況が一目で分かるので助かる。検査日「朝禁食」等の表示板をラミネートで作り、これをベッドサイドに吊るすなどしていたが、ピクトグラムと、壁にデザインされたインフォメーションボードで、病室のグレードが高まるであろうことが想像できる。医療看護支援ピクトグラムの普及を願う。

応募者  旭川赤十字病院 看護副部長 前田章子

★★準グランプリ
側臥位固定具「介護の手、楽し帯」



製品の特徴

 日に何度も行なうオムツ交換、また、浣腸・摘便の処置、褥瘡発生時の殿部の処置は、体力的な負担が大きい。本作品は一人の手となり寝たきりの方を側臥位に固定するので、楽に処置が行なえるようになった。体を覆うバスタオルにフックを引っ掛けるゴムを2カ所に縫いつけ、そのゴムにフックを付ける。このフックをベッド柵に掛けることで患者の体を固定することができ、体を横にほぼ90度向けることができる。材料は全て100円均一ショップで購入できるので、安価に製作できる。

評

看護・介護の広い場で活用できる点が評価できる。フックを手の形にしてあるので、この手で柵を"つかむ"という使い方が初めての人にも容易に理解できる。ただベッドに柵がしっかり止められていなかったりすることで、"楽し帯"にならなかったりすることがある。看護・介護それぞれの現場の状況を十分にチェックしての利用実施展開を期待したい。また身体を覆うバスタオルについても、実際の使用にあたっては清潔に留意して利用されることを望む。

応募者  社団法人岩手県看護協会立 盛岡訪問看護ステーション 追久保寿華

★佳作
新生児用産着「エンジェルドレス」



製品の特徴

 これまで死産した赤ちゃんのサイズに合った産着はなく、白色無地の汎用性の高いサイズのものを使用していた。しかし、死産した赤ちゃんへの慈しみや家族のケアを考える現場の助産師・看護師の想いを地域の経営コンサルティング業、工業デザイン業、アーティストが助力する形で「エンジェルドレス」は開発された。新生児のサイズに合っていて、赤ちゃんへの慈しみを表現する愛らしいデザインであり、さらに、ご家族が赤ちゃんのために何かしてあげたいという気持ちを手作業でできる部分も残している。

評

今までこうしたものが商品化されていなかったことに驚きを覚え、死産となった児の両親への現場の配慮に敬意を表したい。

応募者  北海道公立大学法人 札幌医科大学 附属病院看護部

★佳作
一時的内頚下大静脈フィルター固定用具「ちょんまげ君」



製品の特徴

 肺血栓症や深部静脈血栓症の治療において一時留置型の内頚下大静脈フィルターを使用する場合、頭部に点滴用バルブを外部固定する必要があるが、従来はしっかりした固定用具がなく、外部固定に要する作業時間も30分以上かかった。本作品は頭部の大きさに合わせて調節できるベルトを装備したヘッドギア状の帽子とし、装着感を良くするためやわらかくて強度のある素材を使用した。本作品の使用によりフィルターカテーテルを固定することが可能となり、で患者も起き上がりや寝返りが安心してできるようになった。なお本作品は、静岡がんセンター看護師のアイデアに対し、地元中小企業等が参画し、試作開発が進められている。

評

装着時・維持管理チェック時などの看護師の作業時間短縮が目に見えて大幅であり、アイデアによる効果が高かった点が評価される。

応募者  静岡県立静岡がんセンター

★佳作
シャワー浴用患肢固定具「安心サポート腱助くん」



製品の特徴

 肩腱板断裂で関節形成術後、抜糸した患者様のシャワー浴は従来2名の介助者で行なっていた。患肢を落とさぬよう介助者は神経を使い、患者も恐怖心や不安を感じていた。本作品は、術後使用しているエアープレーンの廃品を利用、現在固定している状況に合わせ患肢を安心して固定でき介助者の負担が軽減され、またお風呂マットを使用したことで患肢にやさしい装具となった。本作品の使用で介助者は1名でよくなり、シャワー浴の回数を増やすことや別の看護ケアができるようになった。

評

従来2名で行なっていたシャワー浴のサポートが1名で済むようになったこと、不安感が解消されたとの多くの患者の声があることなど、すばらしいアイデアであると評価した。

応募者  特定医療法人新生病院 看護部2階病棟課 菊池眞樹子


このページのトップへ
Copyright 2009 NIPPON OMNI-MANAGEMENT ASSOCIATION