• 結果報告
  • 開催にあたって
  • ニュースリリース
  • 開催概要
  • 全体構成・テーマ
  • 展示構成
  • 出展者・団体一覧
  • カンファレンスセミナー申込
  • 主催者企画
  • 活力協働まちづくり推進団体表彰
  • 会場案内・アクセス
  • 開催説明会 記念講演要旨
  • 自治体総合フェア2011結果
  • 一般社団法人日本経営協会
  • リンクバナー
  • お問い合わせ

自治体カンファレンス・セミナー プログラム/受講申込

自治体総合フェア2012 自治体カンファレンス・セミナー受講の事前申込は、5月18日(金)17:00をもちまして終了をさせていただきました。
多数のお申し込みをいただき誠にありがとうございました。
【事前登録締切以降の当日申込について】
お席に余裕のあるプログラムまたは空席が生じた場合は、当日受付を承ります。
当日申込をご希望の場合は、お名刺をご持参のうえ、当日直接、各セミナー会場受付へお越しいただき、ご確認のうえお申込手続きをお願いいたします。
出展自治体・団体発表/出展者ワークショップ
会場:西3ホール展示会場内 スクール形式 C会場 受講無料/事前登録制
5月23日(水) 5月24日(木) 5月25日(金)
11:30

12:10
W-1(株)パスコ

パスコGISクラウドを活用した住民との協働と参画

(株)パスコ 営業推進部
副部長 北川 正己

パスコでは、2000年より住民公開向け地図情報サービス "わが街ガイド" を提供しており、既に200団体を超える公共団体でご利用戴いています。地図を住民に公開することの効果・可能性について、運営企業の立場と経験から提案します。

自治体・行政関係者限定
  W-10(株)フューチャーリンクネットワーク

「官民協働」による『地域情報プラットフォーム』のご紹介—運営ノウハウと可能性—

(株)フューチャーリンクネットワーク
代表取締役 石井 丈晴

地域情報のプラットフォームを構築するべく、全国で地域ポータルサイトを展開している弊社の、民間ノウハウをご紹介します。防災や雇用、子育て支援等の「官民協働」の取り組み事例、デジタルサイネージやデータ放送等マルチデバイスへの情報配信、自立採算にて継続的に運営する体制、今後の展望についてお話いたします。

13:00

13:40
W-2那須烏山市(栃木県)

り災証明に関する受付事務の実例と防災計画見直し

京都大学防災研究所
准教授 畑山 満則
那須烏山市 危機管理担当課長
清水 敏夫

那須烏山市と京都大学防災研究所の協働による東日本大震災発生後の住家被害認定調査からり災証明発行、GISによるり災データベースの構築、更にはワンストップサービスによる被災者支援までの実例と、地域防災計画見直しについて紹介します。

出展自治体発表
W-6(株)パスコ

パスコGISクラウドを活用した行政事務の効率化

(株)パスコ 営業推進部
副部長 北川 正己

パスコでは、2011年より行政内部で地図を利用するためのサービス "PasCAL for LGWAN" を提供しております。多忙な行政職員の事務を効率化するとともに、導入・運用コストの削減までを実現することを可能する "新しいサービス" を提案します。

自治体・行政関係者限定
W-11(株)電通国際情報サービス

海外、先進自治体による「自治体2.0」実践事例紹介

欧米では、ソーシャル技術を活用した「自治体2.0」の取組みが普及しつつある。ただし、単にfacebookを利用すれば解決する問題ではなく、様々な工夫が必要。本発表では、事例をベースに「自治体2.0」を実践するためのポイントを解説し、New York Cityなどで採用されている「Spigit」を紹介します。

14:00

14:40
W-3一般社団法人日本CSR協会

自治体の行政改革のための国際規格ISO26000社会的責任に準じた活動の具現化(入札条件/応札業者も含む)

一般社団法人日本CSR協会/潟Cー・キュー・マネジメント技研
代表理事 前田 浩

2010年11月に発行の国際規格ISO26000に準じたあらゆる組織へ社会的責任の具現化として某協会の3社に業界に適した標準CSRシステムを構築しました。これを自治体向けにカスタマイズした社会的責任活動の具現化、並びに自治体の入札条件にISO26000に準じた社会的責任項目及び応札業者の対応を紹介します。

W-7(株)岡村製作所

庁舎建設と自治体オフィスづくりに向けて(第24回日経ニューオフィス賞受賞)

青梅市 企画部
主幹 橋本 俊明

築50年となる旧庁舎の建替えを契機に、老朽化・庁舎の分散化・情報インフラ対応の遅れなど、様々な課題を解決し、訪れるすべての人々が利用しやすく、職員にとっても働きやすい新庁舎を建設しました。自治体業務を市民に対するサービスと捉え、「おもてなしの心」を持って市民に接する場を構築。災害にも強く、ユニバーサルデザインを採用し、環境にも配慮した庁舎をご紹介します。

自治体・行政関係者限定
W-12(株)岡村製作所

町のイメージを変える、職場を変える窓口改革!

玖珠町 総務課行政係
主任 畑山 靖明

「面倒だ、大変、時間がかかる」という役場のイメージを「わかりやすく、使いやすく、手続きが早く終わる」窓口に変えたい。長く行財政改革の課題であり続けてきた総合窓口設置。様々な要因で、今回事業が動きました。童話の里の顔を目指した玖珠町の総合窓口設置の経緯や反響についてご紹介します。

自治体・行政関係者限定
15:00

15:40
W-4独立行政法人防災科学技術研究所

官民協働危機管理クラウド〜自治体防災情報システムのイノベーション〜

独立行政法人防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域 プロジェクトディレクター 長坂 俊成

科学技術戦略推進費「地域社会における危機管理システム改革プログラム(自然災害への対応)」に基づき2011年9月より3年計画で「官民協働危機管理クラウド」の研究開発に着手した。東日本大震災における実践と教訓を踏まえ、被災自治体やライフライン事業者等と共同開発しシステムを無償公開する計画である。

出展団体発表
W-8NDソフトウェア(株)

クラウド&スマートフォンの「スマート・デマンド交通システム」から地域生活支援システムへの展開

福島大学 経済経営学類
教授 奥山 修司

弊社は、クラウドサービスとスマートフォンを活用した低価格で機能・操作性に優れた「スマート・デマンド交通システム」「除雪車運行管理システム」をご提供しています。このノウハウを拡大発展させ、[買い物支援][緊急時支援][健康支援]など、高齢者を主な対象とした総合的な地域生活支援システムを展開いたします。

W-13(株)プリマジェスト (旧:バンクテック・ジャパン(株))

「電子画像の活用」による自治体事務の効率化

弊社は長年、電子画像を活用した業務改革に専門的に取り組んで参りました。その豊富な経験で自治体における事務処理の課題を解決いたします。給報の迅速なコード化や、国税連携データ活用を踏まえ、賦課事務全体の効率化事例をご紹介します。開封からの業務請負やルールエンジンを利用した最新の効率化手法をご覧ください。

自治体・行政関係者限定
16:00

16:40
W-5(株)岡村製作所

「市民サービス向上を追求したわかりやすく便利な総合窓口」の開設

満員御礼

海老名市 財務部
次長 秦 恭一

海老名市では徹底的に市民サービスの向上を追求したわかりやすく、便利な総合窓口を開設しました。職員の机は全員分必要か?サインはだれが見る為のものか?部門横断的なプロジェクトで課題を解決しながら、市民サービス向上を目指した様々な工夫を実施。既存の庁舎のゾーニングも大胆に変更し、生まれ変わった総合窓口をご紹介します。

自治体・行政関係者限定
W-9一般社団法人 日本経営協会

文書・記録管理に関する検定のご紹介

一般社団法人 日本経営協会
検定事務局

経営価値を高め、視える化に役立つファイリング・デザイナー、電子化ファイリング、公文書管理の3検定をご紹介します。