ホーム > 関西本部 > MOT(技術マネジメント)研究会

                                              
MOT(技術マネジメント)研究会
 第8期 MOT(技術マネジメント)研究会は、盛況理に終了いたしました。
 多くの方々にご参画いただき、誠にありがとうございました。
第9期 MOT(技術マネジメント)研究会にご期待ください。

プログラム 参加申込要領

平成28年7月15日〈金)〜11月9日(水) ※全5回      
会   場: 大阪科学技術センタービル
 〈大阪市西区靱本町1−8−4)
講   師: 講義および各回のコーディネーター/
神戸大学大学院経営学研究科教授 
原田 勉  氏
実践事例:
◆大和ハウス工業
◆近畿大学水産研究所

◆東レ・カーボンマジック
特別視察:
◆ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター
(摂津市)
対   象: 研究・開発部門、技術部門の管理者・リーダーの方々
企業内でMOTの推進・教育に携わる方々 など
(定員25 名)

開催にあたって

 グローバル競争の激化や国内市場の縮小化など、企業を取り巻く事業環境は変化しております。そのため、各企業においては自社製品・技術の優位性がゆらいでおり、新たな価値やイノベーションの創出が求められております。
 そして、このイノベーションをいかに生み出すかを考えるのがMOTの主要テーマであり、本研究会ではその推進のための技術マネジメントのしくみ、新たな組織能力の高め方、研究開発活動のプロセスなどについて考えます。指導講師のコーディネートのもと、他社事例の発表とディスカッション、視察をもとに、実践から得られるヒントを学んでいくカリキュラムとなっております。
 本年のテーマは「付加価値創造のための技術マネジメント」です。自社で蓄積された技術の活用はもとより、外部との柔軟な連携・提携を行いながらイノベーションを推進し、既存の事業領域にとらわれない新しい価値を社会に提供することが、これからの企業の競争優位確立に不可欠な要件と言えるのではないでしょうか。
 この機会に、関係各位の積極的なご派遣(ご参加)をおすすめいたします。

☆ 研究会のすすめ方・特長 ☆
多彩なゲストスピーカーの講話や視察を通し、技術マネジメントのあり方と実践について多面的に学びます。また、各回とも指導講師のコーディネートのもと、質疑応答や討議・意見交流を深めます。
懇親交流会(2回)を通し、参加者同士の交流と親睦をはかります。
全会合終了後は、すべてのドキュメントを1冊にまとめ、報告書として進呈いたします。
プログラム 参加申込要領