ホーム > 日本経営協会について > NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」

日本経営協会について

NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」 


NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」とは
 NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」は、一般社団法人日本経営協会の機関誌として、毎月、経営効率化、人材育成、情報戦力化等の話題を取り上げ、実践的な情報提供を心がけています。
 本ページでは、「オムニ・マネジメント」を発行年度ごとにまとめ、特集記事、連載記事のタイトルを一括表示いたします。
 注)特集記事・連載記事等の執筆者の肩書きは、ご執筆当時のものです。
NOMA会員の皆様へ
 事務局では、一般社団法人日本経営協会の会員に限り、過去に掲載した記事を提供しています。
 公開している記事タイトル一覧でご覧になりたい記事がありましたら【会員番号、企業・団体名、所属・役職名、ご希望の記事名と掲載年月、メールアドレスもしくはFAX番号(法人送信先)】を明記のうえ事務局までご連絡ください。
≪連絡先≫ 一般社団法人日本経営協会
総務センター広報担当
FAX.03-3403-1341
E-mail:
体裁・発行:A4判・32ページ/月刊(毎月25日発行)

「オムニ・マネジメント」に好評連載中の「STORY STREET」がNOMAコラムに掲載されています。併せてご覧ください。
※このボタンをクリック

発行年度
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度
2008年度 2007年度 2006年度 2005年度
2004年度 2003年度 2002年度  
最新号の概要
2016年10月号
特集テーマ 企業の急務「若手人材の戦力化」
      企業組織の中では、新入社員と第一線管理職のはざまで、若手社員と総称される年代層がやや陽の当たらない人材のように見えます。
この年代層を,、将来を担う貴重な人材として育成し戦力化するには、企業はどういうスタンスで臨むべきでしょうか。とりわけ「ゆとり世代」でくくられる世代層は、能力があるのに成長しない、モラールが低いと見られている年齢層です。
人材不足に悩む企業が、このゆとり世代を中心に、将来を担う貴重な人材として育成し戦力化するには、どういうスタンスで臨むべきなのでしょうか。また、彼らの特色はどのようなものであり、研修開発に際してはどのような注意が必要か、留意点は何なのでしょうか。
今号では、以上の観点から、事例を踏まえて考えてみました。
オムニ・マネジメント2016年10月号表紙
若手社員の意欲を高め、戦力化するための5つの処方箋
◆リクルートワークス研究所 主幹研究員 豊田義博
日本企業の急務「若手人材の戦力化」について
◆beyond globalグループ President & CEO 森田英一
少子高齢化時代の貴重人材を考える
◆NOMA経営研究所
連載 「グローバル人材」育成論(2) 多国籍企業の統合・分散と「グローバル人材」
*早稲田大学政治経済学術院教授 白木三秀
連載 ビジネスパーソンのための「行動学」(2) 即断即決、即実行の重要性
*ブレークスルーパートナーズ(株)マネージングディレクター 赤羽雄二
連載 経営・人間・人生(5)
島津源蔵/大量生産や同族経営には関心がなくモットーは「死に学問ではダメ」
*ジャーナリスト 森  健
連載 病気にならない体をつくるために(43) マイコプラズマ感染症の脅威
*ひめのともみクリニック院長 姫野友美
連載 わが街わが動き(98) アジアのリーダー都市をめざして
*福岡市 総務企画局 企画調整部