ホーム > 日本経営協会について > NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」

日本経営協会について

NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」 


NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」とは
 NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」は、一般社団法人日本経営協会の機関誌として、毎月、経営効率化、人材育成、情報戦力化等の話題を取り上げ、実践的な情報提供を心がけています。
 本ページでは、「オムニ・マネジメント」を発行年度ごとにまとめ、特集記事、連載記事のタイトルを一括表示いたします。
 注)特集記事・連載記事等の執筆者の肩書きは、ご執筆当時のものです。
NOMA会員の皆様へ
 事務局では、一般社団法人日本経営協会の会員に限り、過去に掲載した記事を提供しています。
 公開している記事タイトル一覧でご覧になりたい記事がありましたら【会員番号、企業・団体名、所属・役職名、ご希望の記事名と掲載年月、メールアドレスもしくはFAX番号(法人送信先)】を明記のうえ事務局までご連絡ください。
≪連絡先≫ 一般社団法人日本経営協会
総務センター広報担当
FAX.03-3403-1341
E-mail:
体裁・発行:A4判・32ページ/月刊(毎月25日発行)

「オムニ・マネジメント」に好評連載中の「STORY STREET」がNOMAコラムに掲載されています。併せてご覧ください。
※このボタンをクリック

発行年度
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度
2008年度 2007年度 2006年度 2005年度
2004年度 2003年度 2002年度  
最新号の概要
2017年3月号
特集テーマ VR(バーチャル・リアリティ)がもたらす社会の可能性
  スマートフォンの普及にともない「バーチャル・リアリティ(以下:VR)」技術には、多くの企業が関心をよせ始めています。VR技術を活用したビジネスモデルは、今後10年で市場規模を大幅に拡大させると期待されているためです。日本語では「仮想現実」と訳されることも多いVRですが、現在はゲームやアプリケーションなどのアミューズメント分野での活用が先行されている傾向にあります。
今号では、アミューズメント分野だけでなく「人材育成」「高齢社会への対応」「観光業」など、さまざまな現場において活用され始めるVR技術の実例をとりあげます。
VRは我々の生活や経営をどのように変えるのか、これからの課題や展望について考えていきましょう。
オムニ・マネジメント2017年3月号表紙
VR技術の現状と応用展望
◆株式会社三菱総合研究所 経営コンサルティング事業本部 中村 裕彦
バーチャル・リアリティ技術を用いた技能トレーニングやHMIへの応用
◆埼玉大学大学院理工学研究科 教授 綿貫啓一
超高齢社会の到来とバーチャル・リアリティ活用
◆東京大学 先端科学技術研究センター 講師 檜山 敦
バーチャル・リアリティ活用における地域創生の実践
◆凸版印刷株式会社情報コミュニケーション事業本部トッパンアイデアセンター
 先端表現技術開発本部長 鈴木高志
連載 「グローバル人材」育成論(7) 日本人若手海外派遣者に求められるコンピテンシー(後編)
*早稲田大学政治経済学術院教授 白木三秀
連載 ビジネスパーソンのための「行動学」(7) アクティブリスニング
*ブレークスルーパートナーズ(株)マネージングディレクター 赤羽雄二
連載 経営・人間・人生(10)
大原 孫三郎/100年先を見据え社会事業への先駆けとなった企業家
*ジャーナリスト 森  健
連載 病気にならない体をつくるために(48) 『コーチング』はタイプ別に方法を変えよう
*ひめのともみクリニック院長 姫野友美
連載 わが街わが動き(103) 白山開山1300年 次代へつなぐ
*石川県白山市役所 観光文化部観光課