ホーム > 日本経営協会について > NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」

日本経営協会について

NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」 


NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」とは
 NOMA経営情報誌「オムニ・マネジメント」は、一般社団法人日本経営協会の機関誌として、毎月、経営効率化、人材育成、情報戦力化等の話題を取り上げ、実践的な情報提供を心がけています。
 本ページでは、「オムニ・マネジメント」を発行年度ごとにまとめ、特集記事、連載記事のタイトルを一括表示いたします。
 注)特集記事・連載記事等の執筆者の肩書きは、ご執筆当時のものです。
NOMA会員の皆様へ
 事務局では、一般社団法人日本経営協会の会員に限り、過去に掲載した記事を提供しています。
 公開している記事タイトル一覧でご覧になりたい記事がありましたら【会員番号、企業・団体名、所属・役職名、ご希望の記事名と掲載年月、メールアドレスもしくはFAX番号(法人送信先)】を明記のうえ事務局までご連絡ください。
≪連絡先≫ 一般社団法人日本経営協会
総務センター広報担当
FAX.03-3403-1341
E-mail:
体裁・発行:A4判・32ページ/月刊(毎月25日発行)

「オムニ・マネジメント」に好評連載中の「STORY STREET」がNOMAコラムに掲載されています。併せてご覧ください。
※このボタンをクリック

発行年度
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度
2008年度 2007年度 2006年度 2005年度
2004年度 2003年度 2002年度  
最新号の概要
2016年12月号
特集テーマ AIで経営はどう変わるか
       日々進展する技術革新を背景に昨今は人工知能ブームといわれています。イメージが先行している感のあるAIですが、世の中にAIを掲げた製品・サービスが多く出されるようになりました。仕事も生活もデジタルなしでは立ち行かない時代にあって、技術的には開発途上と言えるようですが、経済・社会の構造改革で、今後いろいろな場面で登場するAIはどのような進化を遂げるのでしょうか。
今号では、現実味を帯びてきたAI社会の実態に迫るとともに、技術の急速な進展がもたらす近未来の職場や企業が置かれる社会環境の未来像を考えてみました。
オムニ・マネジメント2016年12月号表紙
人工知能が未来の経済に与える影響
◆駒澤大学経済学部講師 井上智洋
人工知能(AI)がもたらすビジネスの将来
◆EY総合研究所(株) 未来社会・産業研究部 副主任研究員 矢後憲一
SF型人工知能論から第四次産業革命へ
◆(株)リクルートホールディングス Recruit Institute of Technology推進室室長 石山 洸
                        DataRobot,Inc.データサイエンティスト シバタアキラ
21世紀はAIをいちはやく取り入れた経営者が勝つ
◆(株)UEI 代表取締役社長兼CEO 清水 亮
連載 「グローバル人材」育成論(4) 日本人海外派遣者のコンピテンシーとパフォーマンス
*早稲田大学政治経済学術院教授 白木三秀
連載 ビジネスパーソンのための「行動学」(4) 情報収集の徹底(下)
*ブレークスルーパートナーズ(株)マネージングディレクター 赤羽雄二
連載 経営・人間・人生(7)
松尾靜磨/「葉隠精神」の人、古武士のような意志の強さで日本の航空産業を拓く
*ジャーナリスト 森  健
連載 病気にならない体をつくるために(45) 風邪かな?と思ったら「上咽頭」に問題あり
*ひめのともみクリニック院長 姫野友美
連載 わが街わが動き(100) これまでの100年に感謝し、これからの100年にチャレンジする尼崎
*尼崎市 企画財政局 市制100周年記念事業担当