本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク

サイト内検索 検索

H1

非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2013

コンテンツ

『非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2013』とは

非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2013 一般社団法人日本経営協会(会長:浦野光人 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8)は、このたび非正規社(職)員を対象に、「第1回非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査」を実施し、調査報告書としてまとめました。この調査では週30時間以上勤務する非正規社(職)員の現在と今後について、その就業動機や仕事観、キャリアデザイン等から明らかにしています。なお、この調査は定点調査として今後も行う予定です。
●調査の背景
毎年のように増加する非正規社(職)員を語ることなく、我が国の経済を見通すことが困難な時代になりました。総務省の「2012年就業構造基本調査」によれば、パートや派遣など非正規社(職)員の雇用者全体に占める比率は38.2%にまで増加しています。近年の労働市場は、非正規雇用(任用)の増加とこれに伴う雇用形態の多様化が進んでおり、なかでも若年層においてはこれらの傾向が明確となっています。仮に若年層における非正規雇用者が中高年になっても非正規雇用にとどまり続ける場合、生涯の勤労所得は少ないものとなり、このことがわが国経済に与える影響が懸念されます。
また、企業・団体における非正規雇用に対する教育訓練は優先順位が低く、特に伸びしろの大きい若年時において非正規になっているがゆえに能力開発機会を喪失することは、わが国経済の成長力を損なうものとして懸念されるところです。
本会では以上のような社会情勢や経済情勢を踏まえて、非正規社(職)員の現状や今後の方向性・課題等を明らかにするために本調査を実施いたしました。
●調査対象と方法
<現在の働き方等について><能力開発について><今後の見通し等について>の3群28項目の設問を設定し、大学卒以上の25~40歳までの非正規社(職)員を対象にWEB調査により実施しました。有効回答数は700人です。

「非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2013」内容

  • 『非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査報告書2013』について
  • 「第1回非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査」結果概要
  • 提言
  • 調査方法・回収状況
  • 回答者のプロフィール
  • ≪現在の働き方等について≫
    (1) 現在の職場・仕事を選んだ理由
    (2) 現在の職場・仕事に対する満足度
    (3) 今の働き方を友人・知人に勧めるか
    (4) 今の職場について
    (4-1) 今の職場は働きやすいか
    (4-2) 今の職場を友人・知人に勧めるか
    (5) 仕事する上で大切にしていること
    (6) 職場のメンバーとのコミュニケーション状況
    (7) 仕事のやる気を向上させる要因
    (8) 職場の人や職場に対する親しみ
    (9) 正規社(職)員との差の有無と納得度
    (10) 職場にいる正規社(職)員をどう考えるか
    (11) 正規社(職)員と非正規社(職)員との差をどのようなときに感じるか
    (12) 現在の働き方のメリット
    (13) 学生時代に戻って就職活動をやり直したいか
  • ≪能力開発について≫
    (14) 職場での能力開発について
    (14-1) 現在の職場で受けている(または受けたことがある)指導・教育
    (14-2) 現在の職場で受けている(または受けたことがある)指導・教育の教育方法
    (15) 職業能力を高めるために行っていること
    (16) 自分自身の能力
    (16-1) 自信のある能力
    (16-2) 不足している能力
    (17) 高等教育は仕事をする上で役に立っているか
  • ≪今後の見通し等について≫
    (18) 仕事に関するキャリアデザインの有無
    (19) 今後の展望
    (19-1) 今後の希望する働き方
    (19-2) 今後の働き方を考えるにあたって重視すること
    (20) 社会的活動について
    (20-1) 社会的活動への参加状況
    (20-2) 社会的活動の内容
    (20-3) 社会的活動について今後どのように考えているか
    (21) 就職活動について
    (21-1) どのような就職活動を行っているか
    (21-2) 就業支援に対する希望
  • 資料編
    第1回非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査票
  • 第1回非正規社(職)員の働き方の意識と実態に関する調査結果概要
    1) 非正規社(職)員の働く意識や重視するものは多様である
     現在の職場・仕事を選んだ理由としては『ワークライフバランス重視型』、『やむを得ず型』、『勤務地優先型』、『仕事・能力・資格重視型』、『気楽さ重視型』など多岐なものがある。
    2) 非正規社(職)員を選ぶ人は仕事の面白さに加えワークライフバランスを重視している
     仕事で大切にしていることは、「仕事がおもしろい」(46.4%)、「仕事以外で自分の自由な時間を持つことができる」(42.7%)、「自分自身の成長が実感できる」(41.1%)である。非正規社(職)員という働き方を選ぶ人は、仕事自体を重視するのみならずワークライフバランスも重視する。
    3) 非正規社(職)員は今後の能力開発と収入水準について不満を持つ
     現在の職場・仕事に対する満足度では「仕事と私生活のバランス」、「勤務時間帯」について満足するが、「職場での教育・能力開発」、「収入水準」についての不満は多く、中でも収入水準は不満が多く表れている。
    4) 非正規社(職)員に対しても内的報酬による刺激が重要である
     非正規社(職)員のやる気をかきたてるインセンティブとしては、金銭面が重要であるが、それと同等かそれ以上のものとして「自分の仕事能力の向上」や「仕事内容が上司、同僚に認められる」という内的報酬が重要である。非正規社(職)員のやる気を向上させるためには、職業能力を形成し向上させる場を提供することが重要である。
    5) 正規社(職)員との間にある能力開発機会と給与や福利厚生の格差には納得していない
     「仕事の責任」では差があることについて「納得できる」が70%を超えており、納得度が高い。しかし、「能力開発の機会」について格差があることについては「納得できない」の比率が高く、納得していない。また「給与や福利厚生」についての格差も同様となった。
    6) 非正規社(職)員が自信のある力は、規律性や傾聴力、柔軟性など相手に合わせて行動する力
     非正規社(職)員は、「規律性」や「傾聴力」、「柔軟性」など相手に合わせて行動する力に自信を持つ。しかし、「創造力」は不足していると考えている。なお、現在の職場で教育を受けた(または、受けたことがある)非正規社(職)員は51.4%と半数に留まり、しかも教育のための手段は正規社(職)員に比べると少なく、正規社(職)員との間の能力開発機会の格差は大きい。
    7) 正規社(職)員の発揮能力やスキルについてはさほど高く評価していない
     非正規社(職)員は正規社(職)員の仕事ぶりを「責任が重くて大変」(35.6%)、「長時間労働をしており大変」(31.0%)、「上司と部下との人間関係が複雑で大変」(22.0%)と共感したり同情したりする。しかし、「仕事自体はあまり変わらない」(35.4%)、「仕事で発揮している能力やスキルは変わらない」(26.3%)という厳しい評価をくだす非正規社(職)員も多い。
    8) 学生時代に戻り就職活動をやり直したいとする非正規社(職)員は多い
     学生時代に戻って就職活動をやり直せると仮定した場合、「はい」が「いいえ」を44.3 ポイント上回る。非正規社(職)員における正規雇用(任用)志向は高い。また、今後の働き方の希望に関しては「他の勤務先にて正規社(職)員として働きたい」(31.6%)が「今の勤務先にて正規社(職)員として働きたい」(23.0%)をおさえてトップであった。
    9) キャリアデザインを持っている非正規社(職)員は3 割弱と少ない
     将来は正規社(職)員として働きたいと考える人が54.6%を占めるが就職活動となると半数以上の人が「特に何も行っていない」状態にある。また、能力開発や能力発揮を進めるうえで効果的であるキャリアデザインを「持っている」人は29.6%と少ない。この点で問題を抱えている。
    10) 正規社(職)員への登用を望む人が多く正規への登用制度の拡充が望まれる
     就業支援に対する希望では多くのものが挙げられたが、最多は「正規社(職)員への登用制度の拡充」(61.3%)である。「正規社(職)員への登用制度の拡充」が優先されるべき課題となっている。
    11) 正規社(職)員の社会的活動への参加状況は少ないがこれからに期待できる
     非正規社(職)員は勤務時間が選ぶことが可能である。社会的活動との関係性では、1 割弱(57人)が社会的活動へ参加している。なお、社会的活動の今後については、「今はやっていないが、今後始めたい」が30%以上いる。社会的活動を行う人は現時点では少ないが、増える可能性があり、地域の社会的活動における担い手としての今後に着目したい。