本文へスキップします。

【全】ヘッダーリンク

サイト内検索 検索

H1

電子ファイリング検定のグレードと主な内容

内容

電子ファイリング検定のグレードと主な内容


等級 内容
B級

電子化文書の実務知識を持ち、電子ファイリングシステムの企画・導入と推進をリードできる。

(範囲)
トータル・ファイリングシステムの概念、オフィス文書管理の基礎知識、イメージファイル・拡張子・記述言語(SGML、HTML、XML)等電子化文書に関する実務知識、インターネットとグループウエアに関する基礎知識、電子化文書の国際標準に関する基礎知識、文書の電子保存関連法規の基礎知識、セキュリティと認証に関する基礎知識、日本語コードとブラウザに関する基礎知識

A級 組織内における電子ファイリングシステムの企画・立案・導入・推進に関する管理と実務指導ができる知識・技能を有する。

(範囲)
トータル・ファイリングシステムの概念、イメージファイル・拡張子・記述言語(SGML、HTML、XML)等電子化文書に関する応用知識、インターネット技術に関する基礎知識、電子政府・電子商取引の動向、国際標準化動向、電子公文書作成に関する実務知識、IT関連法規全般、文書の電子保存関連法規、ネットワークセキュリティの実務知識、暗号化と公開鍵認証基盤に関する実務知識など

試験の概要
  受験料 試験時間 試験方法 受験資格 合格の目安 講座 通信教育 指定図書
B級 ¥6,480 60分 CBT 正答率70%
A級 ¥8,640
90分 CBT+文字入力あり
正答率70%
※表示された受験料は、平成28年10月以降の価格です。
 
◆受験料には、消費税が含まれています。
◆全級とも、団体受験が可能です。詳しくは検定事務局までお問い合わせください。