一般社団法人 日本経営協会

法制定により重用視される公文書管理「公文書管理検定」

受験方法が変更になります!


公文書管理検定のポイント

より強固な規制や管理が求められる「公文書管理」
ここ数年、企業、行政機関を問わず、情報管理・ドキュメント管理が重要視され「情報公開法」・「個人情報保護法」・「e−文書法」・新「会社法」・「J-SOX法」等情報に関する法律が制定されています。
文書管理に関する幅広い知識が吸収できる
レコードマネジメントのみならずアーカイブズについても視野に入れた幅広い知識が吸収できる検定です。
検定についてのお申し込みはこちら
合格者の声も多数! 知識の深化を図るよりよい資格 公文書管理マネジメント編合格 Jdocソリューションズ株式会社 照屋 福栄さん 公文書管理法をはじめとする関連法案等との、知識の深化を図る!弊社は、公文書管理法の施行にともない、文書管理システムおよび文書管理コンサルティングの全国展開を本格的に行っております。社内では公文書管理法をはじめとする関連法規等、いろいろ勘案しながら文書管理システムならびに文書管理コンサルティングのスキルに磨きをかけ、お客様にご提供してまいりました。その中で公文書管理検定のマネジメント編は、弊社にとって公文書管理に対する、知識の深化を図るよりよい資格であり、弊社内で有資格者を多数輩出することで、文書管理システムならびに文書管理コンサルティングに反映させることができ、より充実したサービス提供が行えるものと考えます。 将来に役立つ資格 公文書管理 実務編合格実務編合格 岩手大学 工藤 杏菜さん 私は、公務員を目指す中で将来役に立つ資格を取得したいと考えていました。そんなときに公務員講座の中で紹介していただいたのが、公文書管理検定です。公文書の適切な管理方法は今後の公務員の業務で非常に重要な知識になるというお話を聞いて、このスキルを身に付けることは、実際の業務にあたる上で大きな力になると感じ、受験を決めました。対策講座の中では、公文書の理念や定義、目的を学び、そこから実際の管理方法について教えていただいたことで、より公文書管理の重要性を感じながら知識を得ることができました。社会人になったら、今回の検定で学んだことを積極的に活かし、さらなるスキルアップにつなげていければと思います。
※検定試験パンフレットより抜粋
検定についてのお申し込みはこちら
公文書管理検定(マネジメント編/実務編)試験期間:2016年11月21日(月)〜12月22日(木)申込み受付期間:2016年10月1日(土)〜2016年12月20日(火)
各級の詳細はこちらテキストの詳細はこちら
検定についてのお申し込みはこちら
その他の検定試験のご案内
「ファイリング・デザイナー検定」ファイリング・デザイナー検定は、オフィス文書の発生から廃棄まで、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的とした検定試験です。オフィス・ワークの生産性をあげるために必要不可欠な技術が学べます。 「電子ファイリング検定」ファイリング・デザイナー検定がオフィス文書の基本となる紙情報のライフサイクル管理を扱うのに対し、電子ファイリング検定は、ペーパーレスを志向した電子データのライフサイクル管理が主眼です。そのためパソコンやインターネットさらにはセキュリティにいたるまで、現代のオフィスで使われる情報技術全般をカバーしています。 「マネジメント検定(経営学検定)」マネジメント検定(経営学検定)は、経営に関する基礎的・専門的知識やその応用能力としての経営管理能力や問題解決能力が一定水準に達していることを全国レベルで資格認定する検定試験です。 「ITプランニング・セールス検定」「ITプランニング・セールス」は(社)全日本能率連盟と加盟団体がアライアンスを組んでスタートさせた新しい資格です。IT系の営業担当者がシステム提案等を行う時に必要な知識等を検定し付与します。
検定についてのお申し込みはこちら

昭和24年通商産業省(現・経済産業省)許可の社団法人として設立。以来、事務の機械化、経営の情報化推進を目的とした展示会の開催をはじめ、経営教育、通信教育、普及啓発事業、調査・診断、顕彰、検定等各種の事業を通じて、現在、全国の企業・行政体・学校・農協などの経営近代化・情報化推進と人材開発に貢献しています。特に、本会では、ファイリングセミナー・研究会、検定試験、コンサルティング等を通じて、オフィスの生産性向上や人材育成を支援しています。